Design Knead

札幌市在住。踊る一級建築士。

Design Knead

Creative Life Work

箔押しカレンダー2018 #2

販売する3つの商品の細かい検討が終わり、今は販売の方の準備を進めております。正式に販売開始できるのがだいたい11月の下旬ごろを予定しておりますが、それに先立ちこのブログで商品のご紹介をさせていただきます。

Traditional(トラディショナル)

f:id:designknead:20171112102210j:plain

Traditional

 パタッとたたんで革ひもでキュッと縛る。立てせてクルクル回せば数ヶ月先まですぐに見ることができる、製本屋さんが作った箔押しカレンダーです。一つの面に上下2ヶ月分、それが3枚連なって片面で半年分(1〜6月)。裏返してもう半年分(7〜12月)となっております。 

f:id:designknead:20171112103804j:plain

開くとこのような形になります

素材と加工方法

できる限り製本屋さんにある材料を使うことと、製本屋さんだからこそできる加工技術を使うことを考えてデザインをしました。折り曲げる部分は、製本の表紙と背表紙が可動する部分の動きを参考にしております。また、仕上げは製本に使われる「布クロス」という素材で、通常は製本の際、ハードカバーの表面に使われるものです。(グレーのタイプを除く)

箔押し

「箔押し」というのは印刷加工の方法の一つです。「印刷」と聞くとコピー機から自動的に出力されるものをイメージされるかもしれませんが、この箔押しという印刷は昔ながらの加工技術でとても手間のかかる作業です。手で一枚ずつ紙をセットし、箔という金や銀の薄いシートを被せ、文字(今回はカレンダー)の書いてある金属の板を上から台紙に押し付けることで、箔の色を台紙に印字することができます。この箔押しについてはまた別の機会に詳しくご紹介させていただきます。

f:id:designknead:20171112103228j:plain

f:id:designknead:20171112103221j:plain

贈り物として誰かに渡すときのことを想定し、シンプルな箱も一緒にデザインしました。「何が入ってるんだろう?」という、箱を開ける瞬間の期待感も一緒にプレゼントしていただきたいという思いから、今回はそれぞれの商品を箱に入れて販売いたします。

年末挨拶用カレンダー

一般向けの販売とは別に、企業の年末挨拶回り用カレンダーとして採用させていただくことができました。 

 

f:id:designknead:20171112103202j:plain

年末挨拶回り用カレンダー

中央の下に会社名が入るようになっております。色は一般販売用とは別に複数ある色サンプルの中から選んでいただきました。今回ご採用していただいた吉田会計事務所様のコーポレートカラーは緑と金でしたので、布クロスを緑、文字を金にしております。

 

f:id:designknead:20171112103833j:plain

会社名ももちろん箔押し

f:id:designknead:20171112103210j:plain


 ありがたいことに他の会社様からもご注文をいただくことができましたが、一つ一つ手作りであるがゆえに一般販売用も含め、どうしても製作数量が限られてしまいます。今後販売していく商品は限定販売となることをご了承ください。