読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Design Knead

札幌市在住。踊る一級建築士。

Design Knead

Creative Life Work

札幌スタバ探訪【札幌北野店】

札幌にあるスタバのレポートです。 

今回ご紹介する札幌北野店は2016年12月にオープン。

札幌の中で一番新しい店舗です。(2017年4月現在)

 

札幌北野店 基本情報

営業時間:7:00〜24:00

住所:札幌市清田区北野6条5丁目6-36

店舗の印象

四角いシンプルな平面の中央にある特大長テーブルが印象的。それを囲むように、テーブル席、ソファ席、外に向かっての一人掛けの席を配置。低く抑えられた横長の窓が外へと視線を誘います。

特大長テーブル席

ここまで大きなテーブルは他の店舗にはないですね。6mぐらい?(目測による)そこに片側5席しかないので一人当たりのスペースは1m以上あるということになります。通常であれば席数をできるだけ詰めて詰めて何人座れるか、回転率はどうだ、客単価はいくらだ・・・と考えるのですが、お客さん一人一人がサードプレイスとしてくつろげるスペースを作るという考えのもと、出た答えがこういう形として表れます。素敵です。両サイドの人との関係も気にならず、正面の人ともちょっとずれることができれば真正面になりません。

特大長テーブルだけの椅子

テーブル席などの一人掛けの椅子は、他の店舗で見られるような肘掛なしのタイプですが、特大長テーブルにある椅子だけが肘掛付きのタイプになっております。この椅子が幅にゆとりがあるのでゆったり座れて、肘掛の手触りが良好。木の曲線が手になじみます。後ろ姿も綺麗です。

この椅子は、札幌グランドホテル店で最近リニューアルしたカウンター席の椅子と同じタイプなんですが、このタイプの椅子の座り心地がすこぶる良いので、ここ最近のお気に入りです。

南側の面は床から天井まで一面ガラス張りです。天井が結構高いのでそちら側の面はすごく開けており、外との関係が気持ちよさそうです。お店の前の通りは車の通りが結構多いのですが、一部植栽を植えることで緩衝帯としております。

床・壁・天井

床はモルタルかな?と思ったんですが、よく見ると大判のタイル。薄くて柔らかいグレーです。

四角い木の断面を張り合わせたアイキャッチとなるメインの壁があり、手書きで樹木の絵が描かれています。

天井は比較的シンプル。高低差があるので、段差ごとに塗装の色を塗り分けしている程度で、他の店舗のように木は使っておりません。ダウンライトを設置する部分が掘り込んであるのは他の店舗には見られない特徴かもしれません。

まとめ

ここの店舗の特徴は何と言ってもゆったり広々使える特大長テーブル。そこならもれなくDKイチオシの肘掛付きの椅子に座ることができます。

 

他の店舗の紹介はこちら → 札幌スタバリスト