読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Design Knead

札幌市在住。踊る一級建築士。

Design Knead

Creative Life Work

札幌スタバ探訪【札幌宮ヶ丘店】

札幌にあるスタバについてのレポートです。

 

北一条 宮の沢通りに面しているスタバ。札幌市内にある一棟建てのスタバで唯一、2階建ての建物です。北海道神宮の敷地に面しており、道路を挟んで向こう側にある豊かな緑地に向かい合うように建っております。

札幌宮ヶ丘店 基本情報

営業時間:7:00〜24:00

住所:札幌市中央区宮ヶ丘1-1-1

店舗のイメージ

床の高さが3つで構成されている建物。階段を上がると中2階で、さらに吹き抜けにかかる階段を上がると2階。中央を貫く吹き抜けを介して両サイドに中2階と2階がある関係。とても変化に富んだ客席の構成です。座る場所によって特徴が違い、様々な心地よさを楽しむことができます。

1階テーブル席

人の動きが視線に入ったりするのですが、不思議と一番落ち着くスペースです。初めはよく中2階を利用しておりましたが、後々は1階の大テーブルを利用することが増えました。開放的な吹き抜けの空間に対し、少し天井の高さを抑えた空間であることが篭れる心地よさを生み出しているのかもしれません。

中2階大テーブル

大テーブルの中心に鉄骨の柱が立っており、木を模したような手書きの絵がテーブルから柱、天井まで連続して描かれております。中2階ということもあり、2階よりも天井が少し高いこと(床が低いので)に加え、外への視線が抜けて開放的な場所です。また、1階と2階との関係が遠からず近からず。吹き抜けを介してそれぞれがとても面白い関係にあります。

2階ソファ席

2階は一人掛けソファ席と、3〜4人ぐらいが座れる広くてゆったりしたソファ席があります。全体的に神宮側を向かうような配席。一人でゆっくり本を読んだり物思いに耽ったりするならば、この一人掛けのソファ席がベストですね。中2階の席よりも床の高さが違いますので、自然と窓の外側に視線が流れるような構成になっております。

まとめ 

ここ札幌宮ヶ丘店は、札幌市内で一番好きな店舗です。客席の構成が変化に富んでいるという意味ではここが一番かと。初めて来たときは、めっちゃ気合入ってる店舗だなーと思いました。隙がないプラン。どの席に座っても心地よさを享受できます。

 

他の店舗の紹介はこちら → 札幌スタバリスト