Design Knead

札幌市在住。踊る一級建築士。

Design Knead

Creative Life Work

札幌の街と「ミクストユース」

前回の記事では、ポートランドがどのようにして魅力的な街を作り上げたかについて触れました。

↓前回の記事 

ポートランドの都市計画「ミクストユース」 

ミクストユース

 人が住む地域と工業地域を分けたりして、用途を混在させないようにすることを「用途純化といい、今まではそれが一般的な考え方でした。その一方で「ミスクストユース」という考え方は、複数の用途を適度に混在させる都市計画の手法のことです。50年以上も前に書かれた「アメリカ大都市の死と生」(著/ジェイン・ジェイコブズ)に書かれている「ミクストユース」という考え方が今になって見直されています。

その地区や、その内部のできるだけ多くの部分が、二つ以上の主要機能を満たさなくてはなりません。できれば三つ以上が望ましいのです。こうした機能は、別々の時間帯に外に出る人々や、ちがう理由でその場所にいて、しかも多くの施設を一緒に使う人々が確実に存在するよう保証してくれるものでなくてはなりません。

「アメリカ大都市の死と生」著/ジェイン・ジェイコブズ より引用 

都市の街路や地区に多様性を生み出すための4つの条件のうち1つ目に上げているのがこちらになります。この後に「この4つの条件の必要性は、本書が主張する最も重要な論点です」とも言っております。

ミクストユースのエリア=魅力的なエリア

ミクストユース化されているエリアが賑わいがあり魅力的なエリアだとすれば、魅力的な地域や人気がある地域というのは、既にミクストユース化されている地域なのではないか。そんな仮説(逆説?)を立てて検証してみました。

用途地域

その土地に建てることができる建物用途を制限するために、都市計画法上で「用途地域」というものが設定されています。全部で12種類ありますが、大きく分けると住居地域、商業地域、工業地域など。これは「用途純化を前提としたもので、用途の混在を防ぐことが目的となっております。

とはいうものの、住居地域でしか住宅が建てられないというわけではなく、ほとんどの場所で住宅の建築は可能。建てられないのは工業専用地域だけです。一方で、住居系の地域で店舗や事務所などを建てようとすると、規模や細かい用途に対する制限がかかってきます。

札幌の用途地域 

人気のあるエリアというのは、商業施設と住居地域がほどよく混在しているエリア。ポイントとなるのは、商業地域と住居系地域の間に位置する「近隣商業地域」となります。

近隣商業地域

主に近隣住民の日用品販売店舗などの業務の利便増進を図る地域で、風俗施設、一定規模以上の工場等は建てられません。(札幌市都市計画課のHPより)

 

札幌駅や大通り、すすきののあたりまでは商業地域で、そこから伸びる主要な道路を軸として商業地域が枝分かれし、近隣商業地域、住居系地域へと広がっています。そこで円山エリアの用途地域を見てみましょう。

 

f:id:designknead:20170709202433p:plain

 濃いピンクが商業地域、薄いピンクが近隣商業地域です。黄色が第一種住居地域となっており、このあたりは商業地域から住居系の地域へとグラデーションを成していることから、まさにミクストユース化されていることがわかります。街を歩いていても、1階が店舗、2階より上がマンションになっている建物がたくさんありますね。

円山以外で、商業地域、近隣商業地域、住居系地域が混在するエリアとしては、札幌駅から桑園駅にかけてのエリア、琴似のJR駅と地下鉄駅周辺のエリアなどがあります。

ちなみに、札幌の用途地域はweb上で確認することができますので、自分が住んでいるところがどんな用途地域なのか調べてみるのも面白いですね。

都市計画情報提供サービス/札幌市 

どの地域に住みたいか?

以前、札幌市内でどのエリアに住みたいかということについて書きました。

どのエリアに住みたいか?

 そのときの魅力的なエリアの条件として「商業施設が充実していて、都心からほど近く、なおかつ公園など緑豊かな環境が近くにあればなお良し。」ということでまとめてみました。

"商業施設が充実していて"という部分に関しては、先述のミクストユースというキーワードから人気の謎を紐解いてみました。そして円山公園北海道神宮など、歩いて行ける範囲に"緑豊かな環境"があり、"都心(大通りや札幌駅側)からもほど近く"、円山エリアというのはまさに札幌における居住のゴールデンエリアとも言い換えることができるのではないでしょうか。

札幌市とポートランド

こうして都市と都市を重ね合わせると、いろんなことが見えてきます。なんとなく「住んでみたいな〜」とか「魅力的だな〜」と思っていた、そのなんとなくの魅力というのが浮き彫りになってきます。いろいろ調べていると他にも面白い発見がありましたので、引き続きポートランド、そして我らが住む札幌の街の魅力について分析していきたいと思います。

 

 

サードプレイスからの部屋選び【カフェ編】

サードプレイスからの部屋選びの第3弾として【カフェ編】が公開されました。

 

サードプレイスからの部屋選び

http://www.rooms-plus.com/sp/thirdplace.html

 

↓vol.1図書館編

 http://www.rooms-plus.com/sp/thirdplace-library.html

 

↓vol.2 公園編

http://www.rooms-plus.com/sp/thirdplace-park.html

 

↓vol.3 カフェ編(NEW!!)

http://www.rooms-plus.com/sp/thirdplace-cafe.html

 

「もしサードプレイスの近くに住んだとしたらどんな暮らしになるか?」ということを、物件紹介の最後にショートストーリーとして添えております。お部屋を探している人も、そのうち引越しをしたいなと考えている人も、「新しい部屋の選び方」としてご覧いただければと思います。

 

 カフェ好きにとってのカフェ

カフェが好きな人にとって、そこはただ珈琲を飲むだけの場ではありません。友達や恋人とコミュニケーションをとる場であったり、1人で物思いに耽ることもあったり、時にはカウンター越しに店主と世間話をしたり。カフェ好きな人たちはそこで繰り広げられるストーリーを求め、ついついその場に引き寄せられてしまうのです。

 

家とカフェとの距離感

そんな場所が、家の近くにあったら?どんな距離感がちょうどいいかは人によるかもしれませんが、少なくともなかなか行けないような場所にあるよりは、行きたいと思った時にすぐ行ける場所にあるほうがいいですよね。そうすることで、よりライフスタイルを充実させることができると思います。

 

ショートストーリーの中のカフェ

 もともとカフェは好きなのでいろんなカフェに行っておりましたが、今回は文章を作るために改めて円山エリアのカフェ巡りをしました。物件紹介の中では具体的な店名は記載しておりませんが、おそらくカフェ巡りが好きな人であればどこのカフェなのかはお分かりでしょう。

 

西18丁目【はじまりの場所】→菊池珈琲本店

ここの珈琲は本当に美味しい!そして一杯290円!とんでもなく安い!朝7時からやっていることもサードプレイスとして利用しやすい要因ですね。昔からある老舗なので雑誌などの露出は比較的少なめではありますが、常連さんがたくさんいる人気店です。

 

円山公園【傍にリセットボタンを】→森彦

札幌でカフェといえば森彦。ここに来なければ「カフェ好き」とは言えません。というぐらい、カフェの中のカフェ。ここ森彦を一号店とし、アトリエ・モリヒコやDxM、プランテーションなど色んなテイストで展開しているようですが、やはりここが一番好きです。ショートストーリーでも書いておりますが、夜の冬の薪ストーブの音がステキです。

 

西28丁目【おかわり珈琲】→Sato coffee

宮の森の角地に位置するカフェ、Sato coffee。天井が高く開放的で、青みがかったグレーの壁の質感が印象的です。またイスやテーブル、コーヒーカップや小物に至る細部にまでこだわりが感じられます。珈琲のネーミングもステキですね。さらに、元気で爽やかな店員さんに癒されたりもします。

 

さて、7月のカフェ編に引き続き、8月の展開も考えております。これまでの賃貸の選び方は、「情報量」でしかありませんでしたが、より人の生活(ライフスタイル)に焦点を当てた部屋の探し方としてご提案できればと考えております。 

 

ポートランドの都市計画「ミクストユース」

ここ数年、書籍や雑誌や様々なメディアで「ポートランド」というワードを目にする事が多い事に気づいている方もいると思います。

そこで、ポートランドとはどんな街なのか、イメージに関するキーワードを列記してみましょう。

 

  • 住みたい街、住みやすい街
  • アウトドア文化
  • 自転車都市
  • オーガニック農業
  • 美食
  • 消費リテラシーが高い
  • 起業、独立の精神
  • クリエイティブ
  • クオリティオブライフが高い
  • サスティナブル 

などなど。

今までの「アメリカ」というイメージから、一歩も二歩も抜け出した文化や価値観を持つ街だということがわかります。

都市の概要

この国の基本的な概要だけかいつまんでご説明します。

場所はアメリカの西海岸。
北のカナダから南のメキシコまでにかけて、3つの州があり、北から順にいうと・・・

それぞれの州の最大の都市を( )に示しております。
ポートランドとシアトルは「ノースウエスト・コーストの二大都市」と呼ばれています。

ポートランドの人口が約63万人(2015年)に対して札幌市の人口が196万人(2017年6月現在)。札幌市と比較すると、約3分の1ぐらいの規模ですね。

 

魅力的な都市ができるまでどのような歴史を辿ってきたのか。「都市計画」という部分で説明しようとすると1950〜1970年代頃まで遡ることになります。ちょっと長くなりますが・・・

経済発展を目指した1950年代

戦後、1950年代の米国社会が目指していたのは経済発展。国が法を整備し、自治体の都市計画者たちが自動車交通の利便を図るため高速道路を計画したり、古い住区を取り壊して高層ビルを建設することを許可するなど再開発事業を推し進めておりました。1956年に通過した連邦補助高速道路法は、たくさんの住区を取り壊し、10車線の高速道路を建設する事業計画でした。これをローメックス計画といいます。

しかし、都市計画者や専門家の意見は全て正しいと考えられていた時代だったため、その計画について反対運動が起きたりすることはありませんでした。

 住民反対運動が活発化する1960〜1970年代

変化が起き始めたのは1960年代から。米国の政治や社会、経済に対する諸問題を告発する内容の書籍が次々と刊行されベストセラーとなります。先陣を切ったのは、建築雑誌の編集者であったジェイン・ジェイコブズが書いた「アメリカ大都市の生と死」(1961年)。

ジェイコブズはローメックス計画に反対する団体や著名な建築批評家などと一緒に住民反対運動の組織を立ち上げます。1962年の末に事業を一時的に中止させることができましたが、その後市長が変わるごとにローメックス計画の復活と、市民反対運動による中止を何度も繰り返します。ニューヨーク州補助金リストから外され、やっと終止符が打たれたのは1971年のこと。長い年月を要しました。

4つの影響

ジェイコブズが書いた「アメリカ大都市の生と死」により、その後の米国の都市計画に影響を与えたものが4つあるとされています。(参考文献(1) による)

  1. 専門家に任せっきりであった都市計画を市民が立ち上がって議論を進めたこと。
  2. 都市計画者などの専門家が考えた再開発事業というものが最善であるという神話をぶち壊したこと。
  3. 権力者集団に対抗するには、戦闘的な市民反対運動が必要であること。
  4. 「アメリカ大都市の生と死」で示された都市計画の新しい原理が、都市計画者にその後大きな影響を及ぼしたこと。

 都市計画の新しい原理「ミクストユース」

今の日本の都市計画では、「住宅街」や「オフィス街」という言葉があるように、様々な用途が混在しないよう、用途純化(用途の混在を抑制し適切な都市環境を実現していくこと)していくことが望ましいと考えられてきました。

しかし、50年以上も前にジェイコブズが指摘した、都市計画の新しい原理「ミクストユース」という考え方が、今になって見直されています。ミクストユースとは「働く所、住む所、遊ぶ所、買い物する所など、複数の用途をあえて混在させて賑わいを創出すること」です。

用途純化した場合の副作用として、「住宅街→朝と夜は人がいるけど、日中は人気がない」「オフィス街→日中は人がいるけど、夜になると人気がない」といったことが挙げられます。

一方で、適度にミクストユース化できれば、昼も夜も人が行き交い、地域経済も回り、活気のある街にすることができますし、そういった街の雰囲気というのが「魅力」となり「住みたい街(エリア)」になっていくのだと思います。

次回予告

この続きとして、次回は札幌の街の魅力を「ミクストユース」というキーワードから掘り下げていきたいと思います。

 

参考文献

(1)「なんの変哲もない取り立てて魅力もない地方都市 それがポートランドだった〜「みんなが住みたい町」をつくった市民の選択」著/ビイ タオタオ(2017.3)

(2)「ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる」著/山崎満広(2016.5)

どのエリアに住みたいか?

今までの引っ越しといえば、進学や就職、転勤や転職による動機というのが大半を占めていました。

この定義でいうと、「第二の場所の変化に合わせて、第一の場所を変える」ということにあたります。
 
これからは、ライフスタイルの多様化や充実志向により「ライフスタイル」をキーワードとした引っ越しというものが増えていきます。
 
つまり、「第三の場所に合わせて第一の場所を変える」ということ。
 
そこで、これから引っ越しを考えている方や、いつか引っ越しをしようとしている方の「どこに引っ越すか?」という問いに対し、サードプレイスからの部屋選び」という考え方についてルームプラスのコンテンツで提案させていただきました。
 

サードプレイスからの部屋選び

http://www.rooms-plus.com/sp/thirdplace.html

 
自分の好きな場所、心の拠り所となる場所。それは生活の一部であり、ライフスタイルと強い関係性があります。そこにいることで自分を取り戻せたり、頭を切り替えてリセットできたりする場所であるならば、家から程よく近い場所にあることで、より充実したライフスタイルを享受できるのではないでしょうか。

どのエリアに住みたいか

札幌には10の区があります。中心部からの距離や、地下鉄駅やJR駅の有無、治安の良し悪し、施設や公園の有無などにより、住みたい地域かどうかが問われます。
 
ちなみに、リクルート住まいカンパニーの「札幌住みたい街ランキング」のアンケート調査(2017年)によると、
 
1位 札幌
2位 円山公園
3位 大通
 
という結果になっております。
 
 
自分のサードプレイスの場所も引っ越し場所を決める際の要因として提案させていただきましたが、それと同時に「どの地域に住みたいか?」というのもあると思います。「大通り公園の近くがいいなぁ」とか「円山エリアっていいよなぁ」など、この辺に住んでみたいなという希望は誰しもありますよね。先述のアンケートに答えた方のコメント(一部抜粋)によると・・・
 
・利便性が高く、住環境もいい。
・都会であり、飽きがこない。
・都心からの距離が程よく、周辺環境が洗練されている。
・素敵なカフェがありや雑貨屋が多数あり、自然も豊か。
・オシャレでステータスがある。
・ショッピングなども便利。
・買い物や飲食関連が充実している。
・総合病院もあり、何かあっても家族が安心。
・デパートや公園も多くとても便利。
 
などなど。
人気の理由をまとめると・・・
 
商業施設が充実していて、都心からほど近く、
なおかつ公園など緑豊かな環境が近くにあればなお良し。
 
ということになります。
 

サードプレイスからの部屋選び」vol.3(予告)

図書館、公園と続き、次回のテーマについては・・・まだ内緒ですが、エリアについては円山エリアを想定してお部屋をご紹介していきたいと思います。
 
円山エリアは非常に人気の高いスポットです。そこで、ここ数年で話題になっている超人気都市を比較対象としながら、「なぜ円山地区は魅力的なのか」ということをもう一歩踏み込んで分析し、今後このブログでお伝えしていきたいと思います。

サードプレイスからの部屋選び【公園編】

第一弾の図書館編に引き続き、公園編が公開されました。 

↓前回の投稿「サードプレイスからの部屋選び【図書館編】」

http://www.designknead.com/entry/2017/05/08/193000

 

今回は、中島公園豊平川、月寒公園をサードプレイスにした想定でお部屋をご紹介しております。また、一人暮らし、夫婦二人暮らし、ファミリー層というバリエーションで、簡単ではありますがショートストーリーを添えておりますので、暮らしのイメージを膨らませていただければと思います。

http://www.rooms-plus.com/sp/thirdplace.html

 

まずは、中島公園の魅力について、ルームプラスのサイトでは書ききれなかったことがありますので、こちらのブログでお伝えしていこうと思います。

 

中島公園

札幌の中心部からも近く、緑豊かで開放的な公園。地下鉄も市電も使えてアクセスもいい。公園内外には文化的な施設やお店がたくさんあり、老若男女問わずにいろんな楽しみ方ができる公園です。

 

中島公園公式サイト

https://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/

 

中島パフェ(個人サイトですが、内容が充実してます)

http://nakajimapark.info

 

今回文章を作成するにあたり、周辺も含めて歩き回りましたが、改めてこの辺りは本当にいい環境だなと感じました。こんな場所が家の近くにあったら…と考えると、自分自身がリアルに引っ越しを考えてしまうぐらい、とても魅力的な地域です。

 

ここでは簡単に、周辺にあるオススメのお店や施設についてご紹介します。

 

渡辺淳一文学館

作家の渡辺淳一さんの文学館で、建物は建築家の安藤忠雄氏が設計しております。

コンクリートの打ち放しがとても綺麗です。

1階に喫茶コーナーが併設されており、そこだけの利用も可能。

有名建築家の建物でまったりコーヒーが飲めるなんて、結構な穴場だと思います。

http://www.ac.auone-net.jp/~bungaku/gaiyou.html

MARUMI COFFEE STAND NAKAJIMA PARK

豆にこだわる丸美珈琲の第2号店。

窓側の席が開けてて過ごしやすそうですね。

wifi利用可。駐車場、駐輪場あり。

http://www.marumi-coffee.com/company.html

カフェ&レストラン『HIH"INO』

2階がカフェ、1階が雑貨や食材などを扱っているショップになっております。

自然栽培やマクロビオティックなど、食に関してこだわりのある方にはオススメのお店です。

http://www.itadakimasu-jp.net/hibino/index.html 

スムーチコーヒースタンド

フラリと立ち寄るのに使いやすいスタンド系のカフェです。

先日、天気が良くて外の席でまったりしてたら真っ黒に焼けました。

http://www.smoochcoffee.com

ギャラリー創

設計事務所の1階にあるギャラリー。

様々な展示が行われております。

http://sou.agson.jp

桜本商店

創業明治43年、老舗の酒屋さん。 

日本酒、焼酎、果実酒、ワインなど取り揃えております。

見たことない梅酒がたくさんあって、ついつい買ってしまいました。 

http://www.saketen.co.jp/shop/

ちなみに、向かいにある八百屋さんも安くてオススメです。 

サンドリア

中島公園から少し外れますが、オススメしたいので掲載します。

なんと、1978年創業の24時間営業のサンドイッチ屋さん。

安くて種類が豊富。こんなお店が近くにあったら・・・。

http://www.s-sandwich.com

 

 

というわけで、街の中心部からも近いこともあり、この辺りは様々なお店が立ち並んでおります。実際にはまだまだ紹介しきれていないお店がたくさんあります。今後またこの辺りでの物件をご紹介する機会がありましたら、その時に情報を追加していきたいと思います。

 

今後、月寒公園や豊平川のことについても書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

サードプレイスからの部屋選び【図書館編】

次に引っ越すとしたら・・・スタバの近くがいいなぁ。

スタバの近くに住んだらどんな生活になるだろうか。

・・・なんかワクワクしてきた!

サードプレイスの近くに住む!」

こういう部屋の選び方って結構面白いかもしれない。

そんなことをふと思いついたことがきっかけで、この度「サードプレイスからの部屋選び」というコンテンツを、不動産情報サイト「ルームプラス」にて提案させていただきました。

 

リノベーション物件 札幌エリアのデザイナーズ・リノベーション賃貸はルームプラス

 

不動産情報サイト ルームプラス

ルームプラスでは札幌市内のちょっと変わった部屋やデザインに特化した部屋などをピックアップし、個別に取材をして紹介しているサイトです。私自身が札幌市内で引っ越そうと思ったとき、なかなか面白い部屋がないなぁと思って「札幌 賃貸 面白い」という検索ワードで引っかかったのがこちらのサイト。今現在住んでいる部屋はそのときに選んだ部屋で、ルームプラスのソウマさんとはそのときからの付き合いです。

建築 × 不動産

建築業界と不動産業界。土地や建物など扱うものは一緒でも、それを造る側なのか、それとも売買や仲介、運用していく側なのかで世界が全然違います。不動産業界における賃貸住宅は、資産運用のためのハコだったり、仲介することで利益を得ることのできる商品であったり、そこで繰り広げられるリアルな生活のニオイが感じられませんでした。建築業界と不動産業界が交わる範囲を少しでも広くすることができれば、得られるものがきっとある。そう感じていた自分の思いを受け止め、理解してくれたのがソウマさんでした。

 

ライフスタイルという切り口からの部屋選び

住む部屋を選ぶこと。それはつまり、自分がどういうライフスタイルを過ごすか(過ごしたいか)を決めること。その生活をより豊かにしていくにはどうしたらいいだろうか。ライフスタイルというのはその部屋で全てが決まるわけではなく、それぞれに色んな指標があり、部屋というのはあくまでもライフスタイルの一部でしかない。じゃあ、それを取り巻く周辺環境も含めての提案はどうだろうか。という話の流れと、冒頭にあった「サードプレイス」というキーワードが結びつきサードプレイスからの部屋選び」の骨格が決まりました。

部屋の選び方の提案

私にとってのサードプレイスはスタバです。人によってそれは様々で、公園だったり図書館だったりスポーツジムだったり・・・。言いたいのは、従来型の「部屋の提案」ではなく、サードプレイスをテーマにした「部屋の選び方の提案」だということ。そのため、ご紹介する部屋の文章はそこでの暮らしのイメージを膨らませていただくためのストーリーを少しだけ盛り込んでおります。

今後の展開

第一弾は「図書館編」として札幌市中央図書館付近の物件をご紹介しましたが、今後も引き続き、他のサードプレイスでの展開を考えております。

是非ともあなた自身のサードプレイスに置き換えて、そこでのライフスタイルをご想像していただきたいです。そして、いつかの引っ越しのときにはroom+をよろしくお願いします。(もちろん掲載している物件以外にもご案内できます)